Aug 15, 2010

13金イズデエモリ100813

100813-00.jpg

13日の金曜日に走りに行くぞ!の13金。昨年は腰痛悪化やのっぴきならない事情があって中止したので08年6月から14ヶ月ぶりの開催になります。

特に今回は京都のエモリさんがルネッサで参加する!!!

という事で行き先は折角だから13金定番の伊豆に決定…けどほら、8月13日って真夏、しかもお盆休みじゃないですか?渋滞とか?暑いし…当日どんな風になるのか全く想像つきません。

しかもエモリさんは翌日富士山に登るんだとか、ホテルのある富士吉田までは富士山の西側回って帰りたいからその辺の事情もふまえて案内よろしくな!だとか言ってくるのでもうお手上げです。
それでも私に一任するからには行き当たりばったりで当たって砕けますよいや砕けたくはないけれど。

そう開き直っていたら数日前にカームさん、前日には あしたかさん の参加が決まり、現地事情にそれなりに詳しそうなお二方の参加にホッと一安心。よし、当日は任せておきなよエモリさん![態度一転]

そんな前日までの胸躍る流れを経て当日朝、5時起床の6時半自宅発。
東名高速は横浜青葉の手前から海老名SA過ぎたあたりまで予想通りの渋滞…はいいけど「故障車アリ」ってゆーのは朝っぱらからたまりませんな、とぼやきながら進んで小田原厚木道路。

100813-01.jpg

小田原東PAで休憩07:50。
二輪駐車場に入ったところで「あのもしかして?」「あ、はじめまして」…本日参加すると聞いていたT-MAXさんとお会いする。エモリさんの元同級生、しかもエモリルネッサの元オーナーさんだ!そこにすかさずエモリさんも登場。お久しぶり!
ターンパイク入口集合は8時半だから時間的には余裕だね、とのんびりバイクを拝見したり雑談してから3台で出発。富士山も見えてるぞ!

100813-02.jpg

ターンパイク着8:10。
さすが夏休み!ここの料金所にこんな列が出来るのもゲートが二つ開いてるのも、どっちもはじめて見た。
数分して、大観山に早く尽き過ぎたので山から降りてきたというカームさん、今日は黒いセローで参戦。おはようございます!お久しぶり!

時計が08:30を回るのを確認して出発。多少クルマが多いけど一本道だから各自自分のペースでよろしく〜と上りはじめて車列に飲み込まれたり譲ってもらったりしながら大観山着。
ヘルメットを脱いだりしてると向こう側から笑顔の人が…あしたかさんと初対面!
はじめましてや今日のルートの検討や雑談なんかをしているともう一台、赤いSRV登場?!
都筑ミにも参加されてたノザキさんだ!これでルネッサ2台、SRV2台、セロー、T-MAX各1台の計6台。思わぬ数の参加者、それも初めて会う人や今日が二度目三度目の人がほとんどで、ありがたいやら嬉しいやらの感謝です。

100813-03.jpg

富士山ドーン!燃料キャップ&バルブどーん!
エモリさんルネッサはYouTubeでいろんな角度から見れるヨ!→YouTube - YAMAHA Renaissa! Especially custom!!

100813-04.jpg

そんなこんなで9時も過ぎ、大観山をあとにしてターンパイク十国線〜20号線。のっけからクルマの列の後を走る。仕方ない仕方ない。それに最近ツーリング離れ(笑)してる自分にはこんな「入り」も良いかもしれない。

伊豆スカイライン熱海峠。ここも賑わってるけど迷わず進む。先導しながら時々「折角遠方から来てる人がいるんだから道路脇の展望台に止まって眺望を楽しんだりした方が良いかな?」と迷うんだけど、そんなに悪くないペースで流れてるからまあいいかと素通りしましたごめんなさい。

100813-05.jpg

韮山峠09:50。
ここから旧富士見パークウェイなんだけど、狭めの道幅、予想より深めのカーブ。最近走り慣れてない俺大丈夫かな?とこわごわ発進。本日初?ってくらい前方にはクルマ一台いやしない。ついついアクセル開け気味に…でバックミラーに目をやるとエモリさん。来る来る、ぴたっとついてくる!
ひぃぃ、お客様を退屈させちゃいかんとあの日あの時ばあちゃんがっ、、とがんばろうと思うおもてなし感(?)と自分の技量への警戒心との間で揺れる我が心…ハートキャッチ!(いや結局のところ麓までエモリさんはバックミラーに映り続けていたんだけど、これはもう諦める&諦めてもらうしかないんだな)

そこからも6台連なって韮山駅そばを通過して橋を渡ってもうひとつ橋を渡ってああやっと駿河湾が見えてきた!
海水浴客を駐車場や民宿へ誘うように手を振るおじさんおばさんが道路脇に立っている17号線は混雑って程でもないけどまずまずの交通量。潮の匂いを嗅ぎながら、もう少し速ければなーという微妙なペースで走っているとネズミ取りだか黄線カットだかで止められているバイクを見かけて戦慄いたり。今日は台数も多い事だし、流れに身を任せる覚悟完了。

100813-06.jpg

セブン‐イレブン沼津内浦三津店 にて休憩、10時過ぎ。
暑い。水分補給、トイレ、バイク観察、雑談。あしたかさんのSRVが失火気味でどうにも調子悪い…進んだ先で何かあってもまずいので本日は撤退の御決断。残念ですがまた今度!堅い握手で再会を誓ったあしたかさんに見送られ、冷えぴたシートを首に貼った自分を先頭に再発進する5台。

休憩中に目の前の道の混雑ぶりを見て「このまま17号を行くよりも途中で県道127に逸れてだるま山へ向かった方がいいんじゃないか」と現地をよく知るあしたかさんに助言をもらっていたにも関わらず、その分岐点に差しかかった時の気まぐれで17号直進を独断選択してしまう。
暫くの間はのんびりペースが続いたので「これは失敗、皆ごめん」と顔で笑って背中で詫びてしていたけれど、一台また一台と前方が開けてきて徐々にペースが上がってきたぞ!よしよし、と気を良くして少しペースを上げる。

100813-07.jpg

いつもの井田の展望台を素通りしてもう一つ先の展望台に、これまた直前の思いつきで立ち寄った11:30頃。
ここでルートと昼食の確認。ここから先は海沿いを避けて山へ、昼食は松崎で、と決めて出発‥しようとしたらエンジンが掛からない?!セルが変な音を?!いやもう音もしない!!!なんて状態に突如陥った俺ルネッサ。目の前の坂道で労せずして押しがけ出来たけどかなりへこむ。

それでも地球は回るし我々も進むんですけどね!と息巻いて戸田まで降りたらそこからは18号線で戸田峠へ…空いてる!なんだか空いてますよ!
調子に乗って走る私と追走カームさん。上は空気が涼しいし、道は空いてるしで極楽だなおい!とはしゃぎ過ぎていたようで、気づかぬ内に脇道に迷いかけた後続をカームさんが引き戻してくれたりとかして、こんな先導で本当にすみませんと心で陳謝しながら西伊豆スカイライン。眺め良し、気温良し、走り良し、と巨人の山倉並に三拍子揃った状況をここでも楽しみ展望台12:00。

100813-08.jpg 土肥を望む

小休止ののち西伊豆スカイラインをさらに進で土肥峠。ここの下りはいつまで経っても何だかうまく走れない。そこからは県道411で仁科峠へ南下。
で、良いペースで走って見えてきたね仁科峠!ってところで「通行止め」の看板が目に飛び込んでくる。そういえば家出る前に道路状況のチェックしてなかったわ。

(写真撮っておくべきだった)

慌ててバイクを降りて地図を見ながら確認すると、仁科峠宇久須線は全面通行止めだから伊東西伊豆線を使ってね(けど牧場まではギリ行けるし)と…ってことはこれから下るつもりでいた県道410は通れないから松崎から帰り道に上ろうと思ってた59号線を下らなくてはならないってことで、ここの下りはちょっときついぞお…と立ち尽くすけどおなかも空いてるから進む。だろ?

59号線、地図で見ると分かりますけどクネクネです。細いし中央車線もところどころにしかありません。何度か下った印象は「楽しい」より「キツイ」の方が勝ちます。特に昼食前の身体には…で、走り出すと案の定昨日までの雨でほぼ全面ウエット、夏ながらそこそこ落ち葉もリッチです。

おっかなびっくり安全最優先、それでも出来る事ならゆったりとしたスムーズで美しいペースを作りたいものだわな、と先導するけどそううまくはいかないのでとにかくコケない、ぶつからない、そして誰にもぶつかられないをテーマに下っているとポツリポツリと前方にクルマが現れはじめ、やがてその先にミキサー車。みきさーしゃ?!
「みきさーしゃ が あらわれた!」「じゅんじ は きゅうけい のじゅもんをとなえた」


100813-09.jpg

川沿いの広い路肩で雑談しながら小休止13:00。
T-MAXさんはかつて乗ってたルネッサで北海道から鹿児島までひと月かけて縦断したんだって!

100813-10.jpg

川の流れに身を任せ、R136を南に降りてついに 地魚さくら 到着13:30。
まだテーブルは満席の為、我々も待ち組に加わり店内の入ってすぐのスペースに立ってひたすら待つ。暑い。カウンターの中ではダンダンダンと鯵をたたく音が鳴り、その奥の厨房では大小の鍋が火にかけられているのが見える。この場所は店内の冷房の恩恵がほとんど無いな…ぬぐってもぬぐっても汗が吹き出てきて困る。暫くしてようやく先頭の一組が席に、かなりたってもう一組も。そうこうしてようやくテーブルについて麦茶を一杯。14時はとっくに過ぎている。

料理を頼んでキリンフリーを飲みながらノンアルコールビールの利益率の話とかところてんを食べたりとか、帰り道の予想時間やルートの相談。一人ひとつの釜炊きごはんや小鉢や天ぷらが順繰りに運ばれて来て、ついに我が眼前に鯵のたたき定食が届いたぞいただきます!15:00!

親御さんの躾の良さを感じさせる食べっぷりで皆さんきれいに平らげ(自分以外)、麦茶も沢山いただいて、ごちそうさまでした!
帰りは海沿い上る?さっき来た道上る?来た道上ろか59号。と決めて店を出たのちR136を少し北上。「ハイオクが無いんです」というスタンドで別のスタンドをお勧めされ移動、そして給油。(朝にたまたまT-MAXがハイオク指定って聞いててよかった!)
スタンド内でバイクを押して移動するカームさん、ヘルメットを落としてしまいピンカバー(?)が行方不明?粉砕?!の悲劇もあれど、予想以上に食事に時間が掛かっているので先へ進む16:00。

59号線に戻って川沿いをスムーズに上る。途中クルマが並んでいたけど一台ずつ減っていったり譲ってくれたりして(ありがとうございます)、多分だけど下った時より路面も幾分乾いてて、かなり楽しく走って仁科峠16:40。

100813-11.jpg 牛です

100813-12.jpg 仁科峠のほぼ頂上


100813-13.jpg
エモリさん(左から二番目)がジャンプを試みるもシャッタータイミング会わずごめん。でも恋はいつでも真剣勝負、撮り直しは出来ません。

そこからも昼に通ったルート、県道411〜西伊豆スカイラインを一気に快走。懲りずに先走る私から少し距離をとって大人の貫録見せつける様にNさん率いる一団(だってそう見えたんだ)が悠々と、という図が時々ありつつだるま山レストハウス17:00。

100813-14.jpg

エモリさん(抜きの画像を撮ってない?!)

100813-15.jpg カームさん

100813-16.jpg Nさん

100813-17.jpg T-MAXさん

皆さんおつかれさまでした!

それぞれの帰路を検討したり雑談したり、NさんSRVのウインカーの接触が悪くてフィラメントなのか接触なのかを気にしたり。そういえば、行きの戸田の展望台で逝ってしまったと思われた我がルネッサのバッテリーはその後何の問題なくセル一発でエンジン始動。あれは夏のいたずらか?何はともあれめでたしめでたし。

それではそろそろ帰りましょうか。エモリさんとT-MAXさんは途中までカームさんの案内で沼津の海沿いを通ってR139で富士山方向へ。カームさんはそのまま西へ。私も17号線とR414の合流地点まで御一緒させていただきますよ。
逆方向のNさんは一人19号線を修善寺方面へ降りてゆき「山伏峠辺りを通って東に抜けるわ」とのことなのでここでお別れ。飛び入り参加ありがとうございました!

そんな感じで取りあえず13金解散。
ここからはカームさんに先導をお願いしてしんがりに着く。今日一日先頭を走っていたので見れなかった眺め、自分の目の前をひらひら曲がるバイクの後ろ姿を見ながら戸田峠を西に下って逝く。
あれこんなに遠かったっけ?と不安になる頃に県道127との分岐が現れて左折、西浦の方に降りてゆく。ひらひら、ぐいぐい、カームさんエモリさんT-MAXさん。皆速いのであまり離されないように一生懸命追いかける。楽しい!

目の前のT-MAXってあんなにバンク角あるんだなーまだ余裕っぽいなー、よしこれからはT-MAX師匠と呼ぼう!とか考えながらでもこれホントに離されちゃてるよね?と焦ってると幸いな事に前にクルマが見えて一安心…え、抜いちゃうんですか?!とかして戻ってきました17号線。

あとはひたすら流れに乗ってのんびりと夕暮れの海を眺めながら走る。ああ、カームさんともエモリさんとも(あしたかさんもNさんも、もちろん師匠だって)会って聞きてみたい事が沢山あったのにやっぱり今回も思ったほどお話出来なかったな。バイクももっと見れば良かった。なんかいつの間にか時間が経つんだよなー、と後ろ姿を見ながら今日を振り返ったり反省したり開き直ったり。

分岐点で右折車線に入り3台に手を振る。今日一日ありがとうございました!また会いましょう!てかオマエラは15日にも会うんだろ?いーなーおい!
ここからは午前中にきた道を一人で戻る。トンネルを抜け橋を左折…はもう一個先だっけ?あら今のでいいのかUターン。橋を渡って橋を渡ってまっすぐ走って富士見パークウェイ。

59号線もそうだけどやっぱり登りは楽だよね!と薄暗い中を快走。途中から気温が下がって冷えてきた。空気に雨と土の匂いが混ざってきてる気がするけどこれはきっと間違い。
係員はもう既に引き払って無人になった韮山峠のゲートを通って伊豆スカイライン。何だか向こうの空が真っ暗だけど、これは日が落ちたからだよきっと。雨の匂いがきつくなったけどこれも気のせい。熱海峠でポツポツとヘルメットシールドに雨粒が数滴?ここだけここだけ…十国峠方向へ向かって走る。

雨ーーー。きたホンモノ。降られるとかなにそれ。それでもヘルメットの中は笑顔で、すぐに止むんじゃね?と迷わず走る。いや全然迷うし雨は徐々に本格化するんだけどもう暗いし霧もあるのでカッパ着込むのに良さげな路肩スペースがいまいち分かりづらいんです。勢いです勢い。
そんなほうほうの体でターンパイク十国線に着く頃には服もかなり水分沁みてきて、こりゃもう風邪引くかもしれないからカッパ着よう!と思うんだけど、いやいやもうすぐ止むって!という囁きも我がゴーストが放ってくるしで、億劫が勝ってそのまま大観山へ向かう。

100813-18.jpg

俺大勝利の大観山19:00。
雨は直前で止みわずかに霧が漂うばかり。合羽着なくてよかった。いやもっと早く着てたらそれはそれでよかったとは思うんだけど。
クルマがびゅんびゅん通り過ぎる脇で一服してから下山。路面は濡れているけど霧だけで雨はなし。身体の冷えに時々歯を食いしばっていると徐々に暖かくなり料金所着。まずは温かい飲み物を!けど自販機にそんなものは無い!なぜなら夏だから!

トイレを済ませて家路へ、進行方向の空は常に真っ黒で少し気が急く。小田厚から東名、厚木はから横浜まで渋滞真っ只中だったので休憩無しでいいや。

100813-19.jpg

雨上がりの東京料金所20:25。
降られなくてよかった!その後も順調に20分くらいで帰宅。雨には泣きが入ったけど、それなりに渋滞回避も出来て楽しい一日でした。参加者の皆さん、ありがとうございました。また遊びましょう!


  • またいつかエモリさんと、もっと混雑してない時期の伊豆を南端走りたいな
  • 師匠呼ばわりに悪気はないですよ?
  • いきなりの離脱だったあしたかさんとはまた今度じっくりと
  • 会うたびに少しずつでも話したいと思うので気を長く持って下さい>各位
  • しかしソフトバンク回線は市街地以外未だにほとんど繋がらんな
  • 今回はいつも以上に勢いだけで書いたので、分かんねーよって部分とか失礼な書き方してる箇所があったらごめんなさい。読み返しはしていない

当日ご一緒した人と、気にかけてくれていた人にも感謝。
次回の13金は2011年5月です。


100813 13金 - a set on Flickr
posted by junji at 06:21 | Comment(2) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
13金おつかれさまでした。

私も途中離脱は残念でした。
次回、東海間等合同オフミにて!

junnji号のセル不調ですが……
あれだけ走ってバッテリーが突然上がるとは考えづらいし、
その後、セルが復調したということから推察するに
モーター側+端子を疑ってみてはいかがでしょうか?
モーター側、ゴムカバーに覆われたプラス端子のねじ山が
甘いため、微妙な接触不良を起こすことが多いようです。
私も同様の経験をしており、ネジを取り替えることで対処しました。

ご参考までに。
 あしたか
2010/08/16/ 10:37
>あしたかさん
おつかれさまでした〜!
あしたか号の不調も無事解決したようでなによりでした。

アドバイスありがとうございます。
あれ以来同じ症状が出ないので一安心、いやむしろ不安(笑)
なので教えていただいた端子の所を今度確認してみますね。

秋の再開楽しみにしてます!
 junji
2010/08/17/ 03:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。