Apr 02, 2005

D-ban

D番長の「俺にも云わせろ!」


早くからPLOT SuperSoundDiskに着目しこれを使用、さらにはアクシャルフローディスクをも守備範囲に加えるスズカズさん。その飽くなき探究心に畏敬の念を込めついた呼び名が「D番長」。
そんなスズカズさんのSSD私的インプレッション

suzur.jpg


〜〜<解説> D番長〜〜
既存の4インチスパトラサイレンサーには、defaultのSuperTrappDisk(以下STD)の他にPLOTのSuperSoundDisk(以下SSD)がズバリ、ポン付けできます!...が、STDとの?)用は微妙に合わない(SSDの角度とのズレができるようで)ようです。

排圧、音量は○と△diskの組み合わせでいろいろできますが、STDよりも静かで軽い(あくまでSuperTrappと比較して)歯切れの良いサウンドが再現できます。 SSD○diskだけでも同枚数のSTDに比べて静かなんですが、それに△diskを組み込むことで排圧の調整とともに音量も格段に抑えられます。オープンエンドにしても、STDを使用した時よりも静かなのがご近遜の目を気にしなくていいかも...。

Disk自体、STDよりも精度のバラつきが格段に少ないので取り外しや手入れが楽なのが素晴らしく良いです(ボルトがスルスルと回ります。これはホントに驚き!デス)。
SuperTrappを弄る人ならわかるんですけど、STDって精度が悪く、最大の特徴であるディスク間からの排圧が其等にならないので、たぶん同じ枚数で調整していても同じにならないんじゃないかなぁと。音はそんなに変わらないんでしょうけど、パワー面とかで...気持ち。

【検証用SSD取付け車輌】 初期型SRV 走行距離14,500km
yukas.jpg *4インチ スーパートラップ ショート2in2(国内仕様)
*プラグSplit Fire →マルチスパークプラグに変更
*AFAMシルバーリヤスプロケ(3丁down 42丁)
* RKシルバーシールチェーン
*オイル:ヤマハ エフェロスポーツ10w-40
*マイクロロン処理
*スパトラ用ヒートシールド
(検証以前マフラーには STD5枚装着)


〜〜<インプレッション> D番長〜〜
1、まずは○disk,△diskそれぞれ1パックで5枚なのでその範囲でのアレンジ(STD5枚と比較しやすい配列)から
(○...SSD丸ディスク、△...SSD三角ディスク、●...ステンクローズエンド)

○5--△5
サイレンサー←→●エンド 感想
○○○○○ STDに比べて音は静かだけど、気持ち6,000回転から上での伸びが鈍くなるような感じ。低速は太い。
○○○△○○ STD5枚に比べて音は静かで多少歯切れの良い音になる
▽○○○○○△ STD5枚に比べて音は静かで歯切れの良い音になるが、6,500回転付近で一時的に伸びが鈍くなる。
○○▽○○△○ 歯切れの良い鼓動間が増して、○ディスク5枚のときにあったような6,000回転から上での伸びが鈍くなるような感じがなくなった。
○▽○○△○○▽ STD5枚に比べて音は多少大きめ。でも低音のくぐもったような音ではなく、V-twinらしい鼓動感が強調された。スパトラに交換してできた4,500回転付近での落ち込みが弱くなった。
○▽○△○▽○△○ 音的に全然ダメ。ディスク同士の共振音のような不快な音が混じるようになって耳障り。
○▽○△○▽○△○▽

同上

▽△▽△▽ 音的にダメだし、パワー感もダメ。排気的にもダメでしょう。やめた方がいいと思います。
▽▽▽▽▽ ▽△▽△▽よりかは気持ちマシといった程度。


△disk1:パック(5枚)、○disk2:パック(10枚)使用時

○10--△5
サイレンサー←→●エンド 感想
○○○○○○○○○○ 同枚数のSTDに比べれば静かだけど、やはり音は大きい。STD7〜8枚のときの音に近いかな。抜けが良くなったので上の伸びは良くなったようですけど、低速は細くなった感じがします。
○○○○○△○○○○○ SSD10枚とほとんど変わらず。音的にもあまり変わらないような感じです。このぐらいになってくるとキャブ調整はやらないとダメでしょう。低速は気を遣います。
▽○○○○○○○○○○△ 上に比べて鼓動感は増す。低速も気持ち扱いやすくなった。サイレンサー側の△diskが効いている感じ。。
○▽○○○△○○○▽○○○ このぐらいがキャブ調整をせずごまかしながらでは限界のような感じです。V-twinらしい鼓動感と音。音もかなり大きいです。低速は心許ないし、4,500回転付近の落ち込みもあるし、アフターファイアも激しいし。音的には○disk10枚ではこれがベスト...かな。


これならどうだ?! のBEST3 !
サイレンサー←→●エンド 感想
○○▽○○△○○ 歯切れの良い鼓動。STDのときにあった低音が薄れて良いです。スパトラに交換してできた4,500回転付近での落ち込みがこの組み合わせだとほとんどなくなったような感じです。近遜に気を遣わず、これが個人的には一番良いかなと。
○▽○○△○○▽○ 上の組み合わせに比べて、当たり前ながら音は大きめ。ただ、V-twinらしい鼓動感も強く、回したときに微妙に音が変化するので上まで回して他る人は楽しいかも。
▽○○△○○▽○○ 音量的には上の組み合わせよりも少しおとなしい。1と2の間といった感じ。ただ、7,000回転あたりで気持ちモタつくような感じがありました。


オープンエンド編 スパトラ用ステンオープンエンドを使用(○...SSD丸ディスク、△...SSD三角ディスク、◎...ステンオープンエンド)

オープンエンド2in2
サイレンサー←→◎エンド 感想
(0)STD ○ 5枚 (SSDとの比較のためにもまずはスパトラ5枚を体感) 元々、国内仕様のスパトラなので、オープンにしても爆音!というほどにはならないのが良いです。しげるさんのEARに比べるとうるさいのは確かですが、低音で響く、個人的には好きな音です
(1)○○○○○ STDのオープンエンド仕様に比べて低音でくぐもるような音はなく、思っていたより静か(あくまで)。抜けが良すぎるので、上での伸びが鈍くなるような感じ。4速50kmぐらいで流すには良いかなと思います。でも、やっぱり音は大き過ぎるかな。。。
(2)○○○△○○ (1)に比べて多少扱いやすくなり、気持ち静かで歯切れの良い音になります。
(3)▽○○○○○△ (2)に比べて音は静かで歯切れの良い音になり、上での伸びが(1)に比べて多少良くなった感じ。
(4)○○▽○○△○ 歯切れの良い鼓動。○diskのみでできた4,000回転付近での落ち込みがこの組み合わせだとなくなったような感じです。これが個人的にはこれでセッティングを出すのが一番良いかなと。
(5).○○▽○○○△○ (4)の組み合わせに比べて、低音が薄れ、高音が強調されて、回したときに微妙に音が変化するので楽しい。音は気持ち大きめ。
(6)▽○○△○○▽○○ 音量的には(4)と(5)の組み合わせよりも少し静か。ただ、6,000〜7,000回転辺りで気持ちモタつくような感じがありました。
(7)○▽○△○▽○△○ 回すと6,500回転辺りからボェ〜と変な音が出て、クローズエンドの時にあったdisk同士の共振音なのかな???とりあえず、×。
(8)▽△▽△▽ 音的にディスク同士の共振音のような不快な音が混じるようになって耳障り。ダメかな。
(9)▽▽▽▽▽ ○diskに比べて静かになって良いと思います。ただ、ちょっとくぐもった音がでてきて、STDのオープンエンドと同じような音かな。

オープンエンド編 --- 感想 ---
オープンエンドにすると、キャブ調整とともに吸気系のバランスも考えてトータルで調整をしないとダメだと思います。
V-Twinらしい鼓動感と音は強調されますが、音はかなり大きいですし、低速は心許ないし、4,000回転付近の落ち込みは大きくなるし、アフターファイアも激しいしですから。
音的には良いんですけどね。ご近遜さんのことを考えると。。。


参考資料→<<< SSD配列一覧表 >>>


〜〜<まとめ> D番長〜〜
◆4インチ スパトラショート2in2では、○diskは6枚ぐらいで△diskを組み合わせて調節するのが一番良いように思います。
◆サイレンサー側には直で△diskをつけるよりも最低1枚は○diskをかませ、エンド側は△diskの後に1枚以上付けると音的にも良いようです。
◆変な共振音を防ぐためにも△disk間は○diskを2枚以上はさむのが良いように思います。
◆4インチ スパトラショート 2in2のオープン仕様は、クローズエンドと同様○diskは6枚ぐらいで△disk2枚を組み合わせて調節するのが一番良いように思います。
もちろん、それを充分に楽しむには最低でもキャブ調整はしないとダメだと思いますが…。


◆◆◆なんだかんだでD番長が思うに...◆◆◆
○disk6枚で△disk2枚で調整する場合、排気が起こっているのはサイレンサー側から2つまでの△diskで区切られた部分(○○▽○○△○○◎で例えるなら前半の○○○○△○○◎部分)であり、エンド側(○○▽○○△○◎で例えるなら後半の○○▽○○△○○◎部分)はあまり排気されないことがわかりました。

面白いことに、サイレンサー側の△diskで区切られた初めの部分(○○▽○○△○○◎の○○▽○○△○○◎部分)は低音部分に大きく影響し、多くすると低音が強調され
真ん中の部分(○○▽○○△○○◎の○○▽○○△○○◎部分)は高音に影響し、多くすると高音が強調されることに気が付きました。

じゃあ、エンド側(○○▽○○△○◎の○○▽○○△○○◎部分)はどうなのかといえば???
実際に良くはわかりませんでしたが、ないと調和がとれないと言うか、うまく低音と高音が交わらないような感じがしました。排気自体は多少は起こっているんで、影響があるのは間違いないんでしょうけど…。

〜〜<横やり> 管理人〜〜
上記の「まとめ」、またDiskの配列とその性質に関しても、大まかな傾向は2in2,2in1どちらにも共通して当てはまると思います。また、最後の「△で仕切られた○○部分」の話、特に低音に影響する部分の特性?は私もそう感じていたので、クローズドエンドにも言える事だと思います。



〜〜 そして 〜〜
SRVのメーター周りを換装した初期型ルネッサに他るスズカズさん...SuperTrappマフラーで、SuperTrapp用Disk(STD)の他にも AxialFlow Disk、PLOT SuperSound Disk(SSD)等を試して幾年月... なのでDiskの'D'をとり、ついた呼び名が「D番長」(地域限定)。 『D-Laboちゃん』もスズカズさんからの情報によって作るきっかけが出来たのです...
そんなD番長に「是非お願いします!」と半ば強引に依頼して作ったこの、番長が自ら語ったSSDインプレッション『D番長の 俺にも云わせろ』...アナタのお役に立てたでしょうか?

このコーナーを作るにあたり、スズカズさん御自身のルネッサは吸排気系がノーマルから大分変更されている為、広く皆様の参考になるようにとカスタム箇遜の少ない奥様のユカさんのSRVを使い、幾つかの段階ごとにDiskの並びを替えながらの比較検証をされました。...その掛けられた手間と根気に頭の下がる思いであります。感謝!
また、ご夫婦揃って4DN他りのユカさん&スズカズさん、お二人のSRV&ルネッサはRenaissaPageの「Gallery」にて御覧になれます。是非どうぞ。


sy.jpg

スズカズさん&ユカさん、ご協力ありがとうございました。

【Plot SuperSound Disk】の最新記事
posted by junji at 00:48 |
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。